MENU
リト
メンズ美容ブロガー"化粧水・日焼け止め"に特化して発信しています│ 自分を磨きたい!でも何から始めたら良いの?そんなあなたを"私の経験と知識"を基に1歩先に導きます│● 過去に肌トラブルで人の目を気にするようになりスキンケアに興味を持ち始め、スキンケア歴15年になります│● 日本化粧品検定1級│● ワンランク上のカッコいい大人へ一緒になりませんか ^ ^ ?

【誰でも出来る】ダイエットを始めるとき最初に行うべき事3選

ダイエットを始めるとき最初に行うべき事

こんにちは!リト(@rito_log)です。

リト

唐突ですが今、皆さんはどういった体勢でこのブログを見られていますか?「椅子に座って」「ベットの上」様々あると思いますが差し支えなければ服をチラッとめくってみてください。今回の主役が登場したという方もいらっしゃると思います。そうです。。。。

「脂肪」です!

厳密に言うと「内臓脂肪」です。

中には20歳の時から10キロ以上体重が増えてしまった!という人もいらっしゃるのではないでしょうか?いつの日からか共に歩んでいるポッコリお腹。このポッコリお腹の原因である内臓脂肪を誰でもすぐに更にハードルも低く効率も良いという夢のような方法3点を紹介したいと思います。これは私が実際に2ヶ月弱で5キロ痩せた時にも用いた方法になるのでよければ参考にされてください。では早速ご紹介していきます!

  

今回は食生活において痩せる方法を3点紹介します

スポンサーリンク
目次

野菜ファースト

野菜ファースト

文字通り野菜から食べるという事なのですが理由は「血糖値の上昇を抑えるため」です。食物繊維が豊富な食べ物には血糖値の上昇を抑える働きがあります。ですのでいきなりご飯などの糖質から箸をつけずに野菜から食べる事で血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。サラダが無かったりする時はサラダスープや味噌汁( 大豆にも食物繊維が豊富です )から飲む事をお勧めします。私は普段、夕食はサラダを全て食べ、その後にご飯とおかずをいただきます。食べ始めに気を付けるだけなので簡単ですね。

糖質の摂取制限

糖質の摂取制限

そもそも糖質とは何なのでしょうか?先ほど述べた通り糖質を食べると血糖値が上昇し「インスリン」が分泌されます。インスリンは血の中の糖分を細胞に取り込むように働きます。結果、糖質は体を動かしたり、物事を考える時の脳の動きに必要になってきます。ただ他にも中性脂肪としても蓄えられるというポイントがあります。摂取した糖質が全て運動などでエネルギーとして使われれば心配は無用ですが余ると太る原因となってしまうのです。つまり糖質を抑える事が太る原因を抑える事にも繋がるという事ですね。

磨きたい君

なるほど~
だったら全く糖質を取らなければ良いんじゃないですか?

リト

このように思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 
でも絶対だめです!何事も極端な徹底は逆効果です。先ほどお伝えした通り糖質は体を動かしたり、脳の動きに必要な成分です。

私自身も糖質を完全に抜いてみた事がありました。
  • 集中力が続かず頭がパッとしない
  • すぐに疲れる
  • 体臭の変化

悪影響ばっかりで良い思い出はまったくありません。100%徹底しても良くないという事が体験できたのはある意味良い経験だったかもしれません。まずは毎食のご飯の量を少しづつ少なくしていく事をオススメします。突然半分だったりにしてしまうと空腹感も相まってストレスの原因にもなりかねません。いきなり多く減らすのはきついですし簡単とは言えないですよね。ですので毎食一口分程度減らしてみてください。日々少しづつ減らしていく事でその量が当たり前になって苦にはならないと思います。私自身も初めは意を決して取り組んだのですがあまりにも簡単で拍子抜けした記憶があります。現在私は元々のお茶碗から半分ほどのサイズの量に減らしても十分満足しています。

飲み物の選別

ダイエットにオススメな飲み物と控えるべき飲み物を理由付きで紹介します。

オススメな飲み物

1日で1~2リットル程度飲む事が理想だといわれています。また冷たすぎると体にも負担となりますので常温がお勧めです。

お茶(緑茶)

緑茶にはポリフェノールの一種であるカテキンが豊富に含まれています。カテキンには脂肪が蓄積するのを防いだり、蓄積した脂肪を分解する働きがあります。ただ緑茶にはカフェインも多く含まれているので飲みすぎには注意が必要です。私はお昼ご飯のお供に毎日飲んでいます。

ブラックコーヒー

コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という成分があり抗酸化作用や肝臓で脂肪を燃焼しやすくする効果があると言われています。ただ砂糖や牛乳を入れるとカロリーが高くなるので注意してください。

     

控えるべき飲み物

清涼飲料水

普段から飲みすぎない事をお勧めします。砂糖の量が段違いです。私は元々この手のジュースが大好きでしたが砂糖の使用量の写真を見て以来控えています。

野菜ジュース

全て×とは言いませんが、市販の野菜ジュースには飲みやすくする為に砂糖、甘味料などの添加物が入っている可能性が高いです。日々の野菜不足を野菜ジュースで補っているという方も多くいらっしゃると思いますが控える事をお勧めします。

お酒

中でも醸造酒は糖質が高いので控えたほうが良いかもしれません。ビール・日本酒・ワインなどが当てはまりますね。アルコールを分解する為に肝臓の負担も増えます。更に脱水症状にもなりやすいのでダイエット中は控える方が良いでしょう。

まとめ

今回私が紹介した3点はあくまでも

「簡単に行うことが出来る」という事を念頭に置いています。

誰でも取り組みやすくなっていると思いますのでぜひ参考にされてください。

最後まで見ていただきありがとうございます。

また次回お会いしましょう^ ^

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ
Follow Me
  • URL Copied!
目次
閉じる