MENU
リト
「個」を磨く為にブログ開設

スキンケア歴10年以上のアラサー

初心者さんでも出来る
スキンケアのノウハウを発信中

思春期の肌トラブルが原因で
人の目を気にする生活 ↓
独学で学び汚肌を撃退 ↓
自分に自信を持てるように

ワンランク上の
カッコいい大人に ( ^ ^ ) /

【徹底解説】正しい洗顔方法!これまでの当たり前、それ間違っているかもしれません。

【徹底解説】正しい洗顔方法!これまでの当たり前、それ間違っているかもしれません。

こんにちは!

リト(@rito_log)です ^ ^

今回はタイトルを見ていただいて分かるように

正しい洗顔方法について話していきます( ^ ^ ) /

  

磨きたい君

んっ?洗顔なら毎日しているよ!
そもそも方法なんて何でも良いんじゃないの?
しっかり洗えば大丈夫ですよね?
洗顔方法に良い・悪いなんてあるの?

リト

磨きたい君と同じように洗顔自体はしているという人も
多いのではないでしょうか?
ただその方法って正しいですか?
間違った洗顔方法は肌トラブルを招いてしまう原因
なってしまう可能性もあります。

   

皆さんの毎日の洗顔が正しい方法となり肌質も良い方向に向かうように今回は正しい洗顔方法について話していきます ^  ^

この記事が皆さんの明るい未来に繋がれば嬉しいです ( ^ ^ ) /

この記事はこのような人にオススメ
  1. 洗顔を特に意識したことがない人
  2. 正しい洗顔方法を知りたい人
  3. 肌トラブルに悩んでいる人

それでは早速本題について話していきます!

スポンサーリンク
目次

正しい洗顔方法

先に手・顔を濡らし肌に水気を与える

事前に手・顔を濡らし肌に水気を与える

まずは手・顔を濡らして清潔な状態にしましょう。汚れた手では逆に菌を顔に付着させてしまいます。顔にも水気を与える事で洗顔料のノリを良くします。例えば皿洗いをする際、始めに水で濡らしますよね!同じイメージです。ただし使用するお湯の温度は35℃くらいを目安にしましょう!40℃程度になると乾燥を促進してしまう要因にもなります。また肌バリアを担っている成分が剥がれてしまう原因にもなります。

洗顔料をしっかり泡立てる

洗顔料をしっかり泡立てる

皆さんは泡立てる際、どういった方法で行っていますか?

  1. 手に直接、洗顔料を出して泡立てる
  2. 洗顔ネットを使い泡立てる

どちらの方法でも構わないのですが【キメ細やかな泡を作る】事が大切です。実は昔、私もそうだったので分かるのですが洗顔料を顔に塗り手繰って手でゴシゴシするように行っていませんか?イメージとしてはしっかり洗えて良さそうですが問題ばかりです。

  1. 手の摩擦で洗ってしまう
  2. キメが細かい泡が出来ずに洗浄力が落ちる
  3. すすぐ際にしっかりと落とせず顔に残ってしまう可能性がある

上記の3点は特にお気を付けください( > _ < )逆に肌トラブルを招いてしまう可能性があります。

洗顔料 手で泡立て 前
洗顔料を直接手で泡立てる
洗顔料 手で泡立て 後
泡立ちが悪い
洗顔料 ネットで泡立て 前
泡立てネットで泡立てる
洗顔料 ネットで泡立て 後
キメが細かい泡が出来ました
リト

見ていただくと一目瞭然ですよね。私は一度泡立ネットを使ってそこから手放せなくなっています ^ ^ ただ1つ注意があり「ネットの保管方法」です。乾燥が出来ないと雑菌の格好の獲物です。
そうなると結果的に雑菌を顔に塗り手繰ってしまいます。
例えばお風呂に室内乾燥が付いていれば風が当たる位置に保管するようにしましょう ( ^ ^ ) /

洗う順番 Tゾーン→Uゾーン

洗う順番 Tゾーン→Uゾーン

皆さんに質問です。洗顔する際、闇雲に顔全体を洗っていませんか?恐らく大半の人がそうだと思います。何故なら以前の私がそうだったからです ( > _ < ) 皆さんは「Tゾーン」「Uゾーン」をご存じでしょうか?

  • Tゾーン 図のように額から鼻筋のラインの事を言います。他より皮脂腺が多くテカリが目立つ場所です。
  • Uゾーン いわゆるフェイスラインと言われる場所です。他より皮脂腺が少なく乾燥しやすい場所です。

ですので始めに「Tゾーン」から洗う事をオススメします!でも強く擦ると摩擦の原因になりますので泡で洗う事を忘れないようにしましょう。そして「Uゾーン」に関しては念入りに洗うと乾燥を促進させてしまいますので泡を乗せるぐらいの感覚で大丈夫です。

TゾーンとUゾーン 説明
Tゾーン→Uゾーンの順番で洗顔するようにしましょう ^ ^

手で直接洗わず泡で洗う

手で直接洗わず泡で洗う

先ほどから出てきている「泡で洗う」という事ですが、とても重要です。手でゴシゴシ洗う方が汚れが落ちそうではありますが汚れを落とすだけでなく肌にダメージを与えてしまいます。綺麗にしているつもりが逆効果を与えてしまっている。しかも気づかぬうちに。。。怖いですよね ( > _ < ) これは意識しないと治ることはありませんので「泡を転がすように洗う」ということを今日から意識してみてください。

ぬるま湯ですすぐ

ぬるま湯ですすぐ

いわゆる顔についた洗顔料の落とし方ですが、「ぬるま湯(人肌程度)を約20~30回程、優しく顔に当て落とす」ことを心掛けてみてください。シャワーを直接顔に当てて流しているという人はいないですか?シャワーだと耳の裏などすすぎ残しもなく簡単に流せますよね。でも絶対ダメです( > _ < )シャワーの圧だと顔の必要最低限の皮脂まで流してしまいます。結果、バリア機能が低下し肌トラブルを招いてしまいます。他にも乾燥の原因などにも繋がります。

ゴシゴシ拭かない

ゴシゴシ拭かない

先ほどから出ていますが肌に摩擦は絶対ダメです。洗顔後の肌はデリケートになっています。そんな中ゴシゴシ拭くのは自ら肌を荒らしているのと同じです( > _ < )優しくポンポンと軽く押すような感じで拭き取りましょう。更にワンポイントですがまずは顔から拭くようにしましょう。髪や体を拭いてからでは菌が顔についてしまう可能性があります。言わずもがなですが数日使ったタオルなどは控えてくださいね。雑菌のオンパレードですので。。。考えただけで恐ろしいです(・ω・)

洗顔後のケアを怠らない

洗顔後のケアを怠らない

入浴後の肌はとても乾燥しています。タオルで拭いている最中も乾燥は始まっており時間との戦いになります。詳しくは下記の記事を確認してみてください ^ ^

  • 化粧水とは
  • 乳液の必要性とは?
  • 美容液は必要?
  • オススメのスキンケア

などをまとめています( ^ ^ ) /

オススメアイテム

洗顔ネット

洗顔ネット

先ほどご説明した通り洗顔ネットは手よりキメの細かい泡を作ることが出来ます ^ ^ ですのでネットを使うことをオススメします。初めて使った時はとても感動したことを覚えています!(笑) 様々なタイプの物が販売されていますが

  1. 保管がしやすいリングやフックがついている物
  2. 抗菌作用がついている物

この点がクリア出来ていたらデメリットである雑菌の繁殖、保管方法が解決出来ているのでオススメできます( ^ ^ ) /

まとめ

今回は洗顔方法について話してきました。
肌トラブルに悩んでいて様々なスキンケアを試されている人も、もしかすると洗顔方法自体が間違っているかもしれません。
毎日の習慣になっていて適当にしているという人もいると思うのでこれを機に見直していただければ幸いです。
これからも自分を磨いてワンランク上の男になりましょう ^  ^
また次回の記事でお会いしましょう!
ありがとうございました!

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ
Follow Me
  • URL Copied!
目次
閉じる